借金 相談 窓口

借金相談窓口

  1. 地元密着の消費生活センター
  2. 日本司法書士連合会でも借金の相談ができる
  3. 日本貸金業協会の借金問題解決はとても意外
  4. 法テラスの借金問題相談 評判はいろいろですが
  5. 法律事務所は頼りになる?

 

地元密着の消費生活センター

借金返済は、法律事務所だけではなく、全国の消費生活センターや国民生活センターでも相談窓口となっています。
ただこのような機関で、実際の債務整理の依頼ができるわけではなく、ここから弁護士や司法書士に紹介をする形になっています。

 

消費者生活センターでも、借金問題に詳しい方がいる場合は、その場で具体的な相談ができます。
債務整理依頼ではなく、自分の借金問題をどう解決したら良いか、生活の改善点などもすべて相談に乗ってくれます。
必要とあれば、直接行政ともつながることができます。

 

敷居が高い法律事務所などに直接借金問題や債務整理の話をしづらい、話しやすい環境が良い方は、このような機関を利用すると良いでしょう。
もちろん費用はかかりませんが、プライベート情報提供などの必要はあります。
秘密厳守ですから、安心して相談をすることができます。

 

もともと半行政的な機関ですから、自宅まで赴いて話を聞いてくれることもありますが、では、消費生活センターで債務整理をしましょうということにはならないです。
法律の専門家である弁護士の紹介などもしていますが、その時の料金の相談なども同時に行ってくれますし、悪徳弁護士などに出逢う事もありません。

 

法律事務所などでは、ホームページなどで無料相談を行っていますが、そのような媒体に目を触れる機会がない方にとっては、身近な消費生活センターなどの方が利用し易いと言えるでしょう。

 

▲メニューに戻る

日本司法書士連合会でも借金の相談ができる

日本司法書士連合会は、各地で活躍をする司法書士が登録をしている組織です。
全国に支部があり、法律に関するあらゆる相談窓口もあります。

 

ところで、借金問題というと、法律の専門家では弁護士の名前が出てきますが、140万円以下の債務整理に関しては、司法書士でも扱える案件です。
すべての債務整理ができるのではないのですが、少額であれば司法書士でも対応できます。
弁護士にないメリットとしては、司法書士の方が料金が安いことが挙げられます。

 

日本司法書士連合会の各支部では、特徴のある相談窓口を設置しています。
女性司法書士による女性のための法律相談では、DVなどの家庭問題の他、男性とは話しづらい借金問題などにも、女性司法書士が回答をしてくれます。

 

基本的には電話での対応になりますが、電話相談はすべて無料(電話料金は負担)。
ただ、一回20分程度とされ、詳しい内容については面談もOKです。
面談は初回のみ無料で、あとは料金がかかります。

 

料金のことは気になりますが、依頼する女性にとっては、全て女性対応と言うのは嬉しいことです。
借金問題、債務整理のことでの相談ですが、サイドの悩みとしては、女性特有の事柄が潜んでいたり、なかなか男性は言いづらいとも多いのです。
話すだけでも精神的に楽になることもありますので、安心してなんでも話せる環境はありがたい存在です。

 

もちろん男性でも、司法書士に直接借金問題を相談できる機関です。
弁護士との違いが料金にあるというのも大きなメリットとなることでしょう。

 

▲メニューに戻る

日本貸金業協会の借金問題解決はとても意外

日本貸金業協会でも、借金問題の相談窓口を設置しています。
この協会は、公正な貸金業を行うため、貸金業者が会員となって法人化されているものです。
この協会が、債務者の借金問題についてのアドバイスをしてくれるのです。

 

無料の相談では、債務整理の事はもちろんですが、借り入れ時の疑問点などの苦情、今まで借金問題に苦しむまでの相談、ギャンブル依存症などのことまで、カウンセリングを中心に解決策を探っていくことができます。
電話ではなく、直接来訪をしていくことになります。

 

このカウンセリングなどは、心理カウンセリングの要素も高く、まずは借金問題の解決が第一ですが、なぜ借金を作ってしまったかなどの原因究明なども行って、解決後のアフターケアまでも行ってくれます。

 

法律事務所などでは、目の前の借金問題解決のための債務整理を中心に行う事になりますが、日本貸金業協会の借金問題解決法は、根本的な借金体質の改善なども考慮した、深いものになってます。
お金を貸す側の協会が行う行為としては、意外な感じもいますが、借金問題の現状を正しく把握するための運動として、毎日受け付けに対応しています。

 

案外と、日本貸金業協会の存在自体知らない方も多く、ここで借金問題の相談窓口をしていることも周知されていないことですが、法律事務所や弁護士とは違う回答と、その後の借金問題に大きな影響があるかもしれません。
費用は無料です。

 

今の借金問題解決だけではなく、その後に借金しない体質のための心理カウンセリングは、一見の価値がありそうです。

 

▲メニューに戻る

法テラスの借金問題相談 評判はいろいろですが

全国に点在する法テラスは根特に低所得者のための法律の相談窓口と見てよいでしょう。
平均的に安い料金で弁護士に借金問題の相談ができ、費用の一部立替えなども行ってくれます。
安心して、相談と解決が期待できますが、生活保護の方は無料になるなどのメリットも多いです。

 

ただし、評判も良いものばかりではないのも確かです。
全国に点在とはいっても、利用者数の増加により、すぐに対応してくれない。
待たされる場合も多く、今すぐ借金問題を解決したいのに、相談もできない自体になります。

 

債務整理などを依頼したり、相談する弁護士を選択するとも出来ません。
事務的な弁護士に当てってしまい、どうしても合わなくて、という口コミもありますが、自分で法律事務所で相談をした場合には、途中でキャンセルもできますが、法テラスではそうはいかないのが現状です。

 

そして、極めつけとしては、料金が安いから法テラスにしたのだけど、他の弁護士の方がもっと安かったというものです。
これを言われてしまっては、“安い”の評判はガタ落ちです。
立替えもあるけれど、現在弁護士費用の分割は当たり前になっていますから、これは法テラスだけがすごいと言うものでもありません。

 

結局は、法テラスだって普通の法律事務所と同じじゃない?という結果になります。
ですから、わざわざここじゃなくても良いという、悪評が立ってしまっています。

 

借金問題の相談窓口では、公的なものを含めるととても多いことがわかります。
依頼するのは法律の専門家になるのですが、そこに到達するまで過程としては、法テラス以外にも行政機関でもとても種類が多いです。
法律の事は何でもOKということで、ここ数年法テラスの存在がクローズアップしていますが、実際に申し込むときには、内容をきちんと把握することが必要です。

 

ただ、生活保護の方や低所得者に対してのメリットは、民間にはないものが多いのだけは確かでしょう。

 

▲メニューに戻る

法律事務所は頼りになる?

インターネットのホームページには、多くの法律事務所のサイトが開設しています。
普段は敷居の高い弁護士などですが、借金問題についての無料相談対応ということであれば、気軽に話してみようか?と思う方も多いです。

 

一昔のように堅物な感じではなく、マスコミにも登場する弁護士、過払い金請求は当社へという法律事務所のCMなどを目にすることも多くなって、弁護士って怖い人じゃないと思い始めている方も多いです。
確かに、弁護士は怖い人ではありませんし、借金問題で怒られることもありません。

 

また、借金問題や債務整理というと、悪いことをしていると自負してしまう方もいますが、これは違います。
言い換えれば正義とも言うべき、自分の背負った借金を正当な形で解決しようというのですから、正しいことです。

 

実際法律事務所以外でも行政機関などでも借金問題は真剣に対応してくれます。
最終的には法律事務所などに依頼することになりますが、そこまでの窓口として、様々な機関を利用するのも良いですし、直接良さそうな法律事務所や弁護士に依頼をして早くに解決をしましょう。

 

借金問題で特に多いのが、滞納や遅延の状態でどうしようと迷う場合です。
実は、この時は一刻の猶予もなく、急いで手を打たなければならない事態なのです。
弁護士はお金がかかるのは当然ですが、それでも自分で債務整理ができないときには、依頼することを考慮した方が良いのです。

 

▲メニューに戻る

匿名でまずは一度無料相談をなさっては如何でしょう。 それから本格的に行動してみては如何でしょうか。。。。